お風呂場でよく鍵トラブルが発生する理由~原因は○○だった?~

突然起こってしまうお風呂場の鍵トラブルに注意しよう

お風呂場の鍵トラブルが起こるのは何故?

ドアノブ

お風呂場のドアを回しても、鍵が開けられないというのは、鍵トラブルの中でもよくあります。同じ鍵トラブルを起こさないためには、原因を知ることが大切です。こちらではその原因について探ってみましょう。

お風呂場のドアが開かなくなる原因

お風呂場の鍵が壊れやすいのは何故ですか?
お風呂場のドアが開かなくなる主な原因は、劣化です。お風呂場は、非常に湿気がある場所なので、鍵にかかる負担が大きく劣化も早いです。そのためいつの間にか、サビついていた、というケースは多いです。ドアノブがサビついていても、外から変化を確認することができないため、その状態を放置してしまいがちです。その結果、突然ドアノブが回らくなり、お風呂場のドアが開かなくなってしまうのです。

お風呂場の鍵は10年が寿命です

鍵の寿命は、一般的に10年と言われています。しかしトラブルが無いからと言って、10年以上使い続けている人はたくさんいます。使える状態の鍵を交換するのは、勿体無いと思ってしまいますが、トラブルを防ぐためにも寿命が来る前に鍵交換をしておいたほうが良いです。もちろん10年経過する前に鍵が壊れる恐れもありますから、3年~5年に1度は点検をして、安全に鍵が使えるかどうかを確認しておくことも大切です。

このようなことにお風呂場の鍵はトラブルが起こりやすいです。そのことを知っておくと、事前に対策・予防を行うことができます。鍵トラブルが起きた場合は、鍵屋さんを利用しましょう。多くの鍵屋さんが1時間以内には、自宅に到着してくれるので、緊急の場合でも安心して依頼できます。

TOPボタン